ドクター

しっかり治療して美肌作り

看護師

クリニックの特徴を知ろう

近年紫外線対策が注目されていますが、紫外線を浴びてしまう事で肌にシミが出来てしまう場合があります。茶色のシミが顔にあると、老けた印象に見えてしまうので少しでも薄くしたいと誰でも思うのではないでしょうか。実はこのシミには種類があります。最初に挙げた紫外線によるものは老人性色素班と呼ばれ、平らでほほ骨などに出来てしまう事が多くあるでしょう。大きさは様々で、10mmを超えるものも中にはあります。次に挙げるのが肝斑です。この肝斑ほほ骨の上周辺や口周りなどに出来やすく、30代から40代の方に出来やすいシミになります。女性ホルモンが大きく関係していると言われています。雀卵斑は鼻やほほに小さな斑点が出来てしまうそばかすと呼ばれるシミです。細かな雀卵斑がたくさん出来、紫外線の影響で濃くなってしまう場合もあるでしょう。この他にも色々種類がありますが、やはり出来てしまうと気になってしまう場合があるので、その際は皮膚科や美容外科に行く事をおすすめします。皮膚科や美容外科の違いはどの様なところか気になる人もいるかもしれません。この二つの違いは大きく分けると、皮膚科は皮膚の治療をする事を目的としており、美容外科では治療に加えより美しく見せる為の治療になります。その為、肌をより美しい状態にしたい方は美容外科に行く事をおすすめします。この皮膚科や美容外科ではレーザーなど用いてシミの治療を行っています。レーザーを患部に照射する事でシミの組織自体を破壊し、取り除いていきますが、レーザーを照射した部分はかさぶたが出来、徐々に正常な肌へと戻っていくでしょう。皮膚科や美容外科では同じ様な治療内容になりますが、美容外科ではより肌をきれいな状態にする為のケアもプラスで行ってくれます。皮膚科は肌の専門家であり、美容外科は肌だけではなく様々な治療を行っているでしょう。その為、どちらで治療を受けたいかしっかり考える必要があります。また、どちらもほとんどの場合、保険適用外の治療になるでしょう。その金額も、シミの大きさや範囲などにより異なります。また、クリニックによっても料金設定が異なるので、選ぶ際はきちんとホームページなどチェックする事が大切です。また、きちんと肌の状態を見て、適切な治療を行ってくれるクリニックを見つける事が大切です。やはり人それおれシミの出来ている範囲や大きさ、濃さなどが異なります。適当診察してすぐに治療を開始するのではなく、じっくり状態を見て最善の治療を行ってくれるところを選びましょう。特に顔に出来てしまったシミは小さなものでも目立ってしまう場合があります。メイクで隠そうとしても、逆に厚塗りになってしまい目立ってしまう場合もあるので注意が必要です。そのまま放置していても、自然と治る訳ではなく、逆に紫外線などに当たってしまえば濃くなってしまう場合もあるでしょう。そうなってしまい前に、出来るだけ早く皮膚科や美容外科で治療を開始する事が大切です。小さなものでは一度のレーザー照射で取れてしまう場合もありますし、広範囲であったり深かったりするものでは数回通って治療をする場合があります。しっかり治療をする事で、気になる部分を改善する事が出来るので、是非しっかりクリニックを選びましょう。