カウンセリング

効果が期待できる

エステやサロンよりも、皮膚科でシミの治療を受けたほうが効果が期待できます。安心して治療を受けるためにも、公式ホームページで治療に対する医師の考えなどが掲載されていることがあるのでチェックしておきましょう。クリニック選びの判断材料になります。

透き通る白肌を取り戻す

女の人

簡単にできる医療美容

どんなに予防をしていても、絶対的に防ぐ事は出来ないシミ。ある時突然あっちにも、こっちにも見つけてしまい、どうする事も出来ないと悩む女性は少なくないはずです。顔にできたシミはファンデーションやコンシーラーを使って目立たないようにする事も出来ます。しかし、化粧が厚塗りになってしまうことや、シミが濃い場合はかえって汚い肌色になってしまうという事もあります。シミを隠すのではなく「無くする」ためにできる事について考えていきます。そもそも、シミが出来る原因は何でしょうか。恐らくシミの根源がメラニンだというのは有名です。しかし、本来はメラニンそのものが悪なのではなく、一番の要因は紫外線だという事が意外と勘違いされているのです。紫外線は肌にダメージを与える有害物質です。そのダメージから肌を守る為にメラノサイトで作られるのがメラニンなのです。強い紫外線を浴び続ける事によりメラノサイトが過剰にメラニンを作ってしまい、肌の表面に浮き上がって滞留してしまうと色素沈着してしまうのです。そうなってしまった時、一番に考えるのは自宅でできるケアでしょう。最近はアンチエイジングや美白を謳った化粧品が少なくありません。しかし、これらの化粧品は基本的にシミを消す物ではないのです。あくまでもメラニンの生成を防ぐ効果のあるものです。では、防ぐ為ではなく消す為には何をすれば良いのでしょうか。目に見える程はっきりできてしまったものに有効なのは「医療の力」です。専門は皮膚科、もしくは美容皮膚科です。どちらのクリニックでも塗り薬や内服薬の処方やレーザー治療が可能です。中でもレーザー治療は、物理的にシミを焼失させるので効果が得られ易いメリットがあります。先述の通り、この治療が受けられるのは皮膚科、もしくは美容皮膚科ですが、この二つの違いは何でしょうか。各クリニックの治療方針によっても違いはありますが、皮膚科は病気を治す病院、美容皮膚科は美容目的の治療を行う病院、前者は健康保険適用、後者は健康保険不適用と考えて大きな相違はないでしょう。例えばニキビ治療を受ける時、両者ともニキビを治す為の薬を処方してくれます。しかし、治った後のニキビの瘢痕までレーザー等で綺麗に消してくれるのは美容皮膚科のみです。このレーザー治療は美容目的と考えられる事が多く、健康保険適用外である可能性があります。その場合は自由診療となり、クリニック独自の料金設定で治療を行う事ができるため、通院にあたっては下調べが大事になります。クリニックで使用している機械や治療内容、患者の状況によっては保険適用となる可能性もある為、詳細は主治医に相談する必要があります。地域やクリニックによっても違いはあるものの、最近では1箇所のレーザー治療にかかる相場は3千円から5千円とも言われています。アンチエイジング、美白効果を謳った基礎化粧品のお値段とそこまで違いがないというのは驚きです。敷居が高いと感じていたシミ取り治療も実は身近な存在だったのかもしれません。風邪を引いたら病院で治療を受けるように、シミが出来たら皮膚科で焼いてもらう、そんな事が当たり前の時代になりつつあるのではないでしょうか。

鏡を見る人

玉のような綺麗な素肌へ

ケミカルピーリングをはじめ、光治療やレーザー治療など、美容皮膚科と整形クリニックでは人気のシミ取り治療が数々提供されています。治療費用は各クリニックで千差万別ですが、コースプランなら同じ回数でも通常料金より安くなるので好評です。

看護師

しっかり治療して美肌作り

紫外線の影響などにより出来てしまうシミはなかなか自分では改善する事が出来ません。そこで皮膚科や美容外科を利用する事をおすすめします。各クリニックでは治療の目的や方法が異なるので、自分に合ったクリニックはどこなのかをしっかり判断しましょう。